臨済宗 妙心寺派 重秀寺 臨済宗妙心寺派 重秀寺
〒108-0072 東京都港区白金2-1-16
TEL:03(3441)3856 FAX:03(3441)0529
サイトマップ お問い合わせ
重秀寺のご案内 和尚ブログ 年間行事のご案内 納骨堂・新設墓地のご案内 おすすめのお店 アクセス
坐禅を体験してみませんか?
坐禅会の日程
禅について
坐禅入門
坐禅会 体験レポート
おうちで坐禅を組んでみませんか?

重秀寺からのお知らせ

茶道教室のご案内
茶道教室のご案内

坐禅会のご案内
坐禅会のご案内

ホーム坐禅を体験してみませんか?おうちで坐禅を組んでみませんか?

坐禅を体験してみませんか?


おうちで坐禅を組んでみませんか?

坐禅は坐禅入門にて書きましたように、静かに・ゆったりと坐することです。
きちんと坐禅をすると心身ともにスキッとします。坐禅会だけではなくご家庭でも・職場でもどこでもできます。

坐禅の作法
ご家庭では座布団を二つ折りにしたのを尻当てにしてください
ご家庭では座布団を二つ折りにしたのを尻当てにしてください

ご家庭での坐り方を簡単にお話致します。
まずは、座布団を2枚ご用意ください。
尻当てには深く坐らないように
尻当てには深く坐らないように
※ 靴下は本来脱いで頂く

座布団を1枚敷きます。
大き目の座布団があればよいのですが、普通のでも大丈夫です。
座布団に胡坐(あぐら)にて坐ります。
そして、もうひとつの座布団を二つ折りにしてお尻に当てます。お尻が高いぶん姿勢はやや前傾になります。

両膝とお尻との間に三角形ができます。
体は、家の柱になったような気持ちで真っ直ぐに
体は、家の柱になったような気持ちで真っ直ぐに

背筋を真っ直ぐに伸ばします。
両膝は下の座布団についています。
結跏趺坐(けっかふざ)
結跏趺坐(けっかふざ)

つぎに、右足を左足の腿にのせます。
さらに、左足を右足の腿にのせます。
この両足をのせた形を結跏趺坐(けっかふざ)と言います。
半跏趺坐(はんかふざ)
半跏趺坐(はんかふざ)

もし出来なければ右足または左足どちらかだけでも結構です。
この形を半跏趺坐(はんかふざ)と言います。
どちらの形でもよろしいです。
手は、右手で左手の親指を掴む
手は、右手で左手の親指を掴む

手は、右手で左手の親指を掴みます。すると自然に握った右手が左手の手のひらに包まれます。
その握った両手を臍下の丹田(たんでん)に当てます。
※ 丹田は臍(へそ)から下にこぶし一個分下がった場所にあります。
目は半目にして、視線は1mほど前
目は半目にして、視線は1mほど前

顔は正面を向き、あごを軽く引きます。
目は半眼にして視線を1mほど前に落とします。
両肩の力を抜きます。
すると両肘が少しわき腹から離れ坐っている形がハート型の逆のような感じになります。
鼻で吸って丹田に入れる
鼻で吸って丹田に入れる

次に一番大切な呼吸の仕方です。
呼吸は口ではいたしません。
鼻で呼吸をいたします。 先ずは、スーッと吸い込みます。吸った空気は臍下丹田に入れます。
吐き出すときは全てを吐き出すつもりでゆっくりと
吐き出すときは全てを吐き出すつもりでゆっくりと

そして、ゆっくりと吐き出します。
吐き出すときは何もかも全てを吐出すつもりで、しかもゆっくりと搾り出します。
姿勢はそのままです。
初めは意識して呼吸をしてみて下さい。
苦しかったりしたら普通の呼吸をして、その時も出来るだけ鼻でして下さい。
呼吸をするときに数字の一つを数える
呼吸をするときに数字の一つを数える

さて、呼吸の仕方が慣れてきましたら、呼吸をするときに数字の一つを数えて下さい。
「ヒトツ」を吸う時に「ヒトー」と、吐くときに「ツー」と数えます。
もちろん声は出しません。
次は「フター」、「ツー」と順番に10まで数えます。この方法を「数息観」と言います。
1から10まで行きましたらまた1から始めます。
途中で数を忘れたら1から始めて下さい。
坐っているといろんな事がよみがえってくると思います。
例えば「買い物するのを忘れてしまった」事とか、「あの時はこうしておけば良かった」とか
さまざまな事が浮かんでくると思いますが、それに拘らず直ぐに「数息観」に入って下さい。

いかがですか。

また、お風呂上りなどはリラックスしていて、しかも身体がほぐれていますから坐を組むのに良いと思います。
寝ていても出来ます。職場などでも椅子に座っていても出来ます。
さっそくチャレンジしてみて下さい。
そして、ご感想をお寄せ下さい。


このページのトップへ


トップページ重秀寺のご案内和尚ブログ年間行事のご案内納骨堂・新設墓地のご案内
おすすめのお店アクセス茶道教室のご案内坐禅会のご案内


Copyright(C)
このサイトに掲載されているあらゆるデータの無断転載を禁じます。著作権は宗教法人重秀寺に帰属します。