臨済宗 妙心寺派 重秀寺 臨済宗妙心寺派 重秀寺
〒108-0072 東京都港区白金2-1-16
TEL:03(3441)3856 FAX:03(3441)0529
サイトマップ お問い合わせ
重秀寺のご案内 和尚ブログ 年間行事のご案内 納骨堂・新設墓地のご案内 おすすめのお店 アクセス
茶道教室のご案内
茶道教室の日程
武家茶道について
茶道教室 体験レポート

重秀寺からのお知らせ

茶道教室のご案内
茶道教室のご案内

坐禅会のご案内
坐禅会のご案内

ホーム 茶道教室のご案内武家茶道について

茶道教室のご案内


武家茶道について

茶道教室 小林映子先生 おいしいお菓子をいただいてお茶を一服
茶道教室 小林宗倫先生

重秀寺では 上田宗箇流の茶道教室を開催しております。

上田宗箇流は400年の歴史を持つ武家の茶道です。

桃山時代を代表する武将茶人の一人であった上田宗箇を流祖とし上田家代々によって広島の地に受け継がれてきたものです。
武家茶道の特徴は何と言っても、清々しく強さと美しさを感じさせる作法。
ご興味をお持ちの方はぜひ一度お稽古にいらっしゃってみてください。

世界中にある喫茶の習慣ですが、そこに精神性をプラスしたのは日本の茶の湯だけのようです。招く側(亭主)は自ら一碗の茶を客の前で心を込めて点て、客は自分の心を静かにし、心の有り様を見つめて茶を喫する主客相互の交わりによって成立します。

お茶の作法や約束事は、茶事をスムーズに進めるため長い歴史の中で多くの先人達が研究した成果なのです。文化やもてなしの心を表現する手段なのです。

桃山時代の武家茶を今に伝える上田宗箇流の点前の特徴は、直線の組み立てで清々しく内から外への動作で力強いと言われています。

ゆかりのお寺に家元を迎えて、和やかさと緊張感の中で伝統の日本文化を学ぶために、毎月職種も年代も性別も様々な多くの方達が 真剣な時間を共有しています。

時には 夕方のお寺の鐘が聞こえる頃までも。

小林宗倫


このページのトップへ


トップページ重秀寺のご案内和尚ブログ年間行事のご案内納骨堂・新設墓地のご案内
おすすめのお店アクセス茶道教室のご案内坐禅会のご案内


Copyright(C)
このサイトに掲載されているあらゆるデータの無断転載を禁じます。著作権は宗教法人重秀寺に帰属します。